ウェディング

ブライダルフェアに参加して結婚式場の質を知ろう

慣れ親しんだ場所で結婚式

花嫁と花婿

目立ちたくない花嫁も安心

チャペルでの結婚式では、どうしても花嫁さんばかりに注目が集まってしまうので、そのことに抵抗を感じて結婚式自体をしたくないと考えられる方もいらっしゃいます。しかし、神社挙式なら花嫁はもちろん、新郎が主役の儀式もありますし、日本人なら誰でも親しみがある場所なので落ち着いて式に臨めます。結婚式の目的が親孝行をしたいという場合も、室町時代から伝わる日本の正統派な結婚式である神社挙式は、親世代のみならず祖父母の世代の方にも好印象なので最適です。神社挙式での衣装は、正統派にこだわる場合は白無垢に文金高島田のかつらを着けて綿帽子を被りますが、華やかな色打掛や裾を引きずる引き振袖もありますし、神社によってはウエディングドレスや平服での挙式も可能です。ヘアスタイルに関しても、予算の都合や披露宴でウエディングドレスを着る場合などには、和装に洋髪スタイルも人気があります。神社挙式を選択する際の注意点としては、儀式を行う神殿の大きさを事前に確認しておくことです。親族のみの場合はあまり心配ありませんが、友人にも儀式を見せたい場合は大きな神殿のある神社を選ぶ必要があります。結婚式の日も神社には一般の観光客や地元の方が訪れるので、タイミングによっては参拝客の方からも祝福の言葉をかけてもらえることがあります。また、歴史的な建造物である神社は、老朽化や経営不振で建物自体が無くなってしまうということがほとんどありませんので、思い出の場所がずっと残ることも神社挙式の大きな魅力です。